トイレで手を洗った後の「風が出るヤツ(ハンドドライヤー)」は役に立たない!

投稿日:

じんです!

外出先でトイレに行くと、毎回気になるのが手を拭いた後のアレです。気になるというか、手を洗った後には必ずそこにぶち当たる事になるので否応ありません。今日はアレの使い勝手について言いたい事があります・・・。

トイレの後に手を乾かす手段として用意されているのは2つの方法

トイレに行けば、帰りに必ず手を洗います。意外と洗わない人も多いみたいですが、まあそこは置いておきます。

手を洗うと手が濡れる訳ですが、トイレにはこの濡れた手を乾かす為の手段が用意されています。それはだいたい以下の2つなはずです。

  • ゴワゴワの紙
  • 風の出るヤツ(ハンドドライヤーとか温風乾燥機って言うらしい)

の2つです。

このうち僕は「ゴワゴワの紙」を指示します。ゴワゴワの紙はいかにも再生紙って感じで肌にツラく当たる感じにとにかく固いですが、水を吸い取る力は超一流です。僕はタオルも安っぽいゴワゴワが好きです。よく吸ってくれるから。シルクっぽい様なヤツはダメ。

ゴワゴワの紙が置いてあるとちょっとテンションが上がります。「分かってるね〜」って感じです。手の中でクシャクシャさせたら一瞬で手の余計な水分を取り去ってくれますから。

風が出るヤツの存在意義が分からない

僕はゴワゴワを愛しています。でも風の出るヤツは憎んでます。あれの存在意義が分かりません。何がダメかって全然乾かないところです。マジで全然乾きません。ボーッて風の音がして、かなり風圧の強いヤツもあるんですが、それでもある程度時間がかかる。とにかく遅いんですよ。手が乾くまでが。

これが自分の家だったらまだいいかも知れないです。音はうるさいけど、多分エコになるし。

でも外でトイレをして、手を乾かすことに時間をかける事なんて出来ないんです。だって後ろに人がいるから。もう後ろに人がいたりするんです。そんな中であの時間のかかる風のヤツを使うのは常人には無理でしょう。多分丁寧にしっかり乾かしたら30秒くらいかかるはず。後ろの人のプレッシャーに耐えながらその時間を過ごすのは僕には無理です。

あの風の出るヤツの存在意義って一体なんなんでしょうか?

  • エコ(紙のゴミが出ない)
  • オシャレ(紙はオシャレじゃない)
  • なんとなくカッコイイ
  • 高級感

うーん。エコでオシャレくらいしか思い浮かばない。少なくともアレに利便性を感じている人なんていないのでは?ブオーッてちんたらしている暇は、後ろに人をつかえさせたぼくらには ないのです。

となるとどうなるかというと、風のヤツがおいてあるトイレでは「ズボンの裾で手を拭く人」が続出です。それが行儀悪いとかは置いておいて、それじゃ本末転倒じゃんと言いたい訳です(風のヤツを置いた人に)。

そう言えばいた第三の存在

そう言えばトイレで手を乾かすヤツに第三の存在がいました。

なんかありますよね。タオルみたいのがクルッてなってて、それを引き出しながら拭くヤツ。タオルがずっと同じところを回ってるみたいに見えるんですが、あれって汚くないんでしょうか。

 

スクリーンショット 2016-03-09 23.47.24

そうそうコレ。これって清潔なんでしょうか。中の構造を知りたい・・・。

-トイレ

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.