「楽しいことだけやる」じゃなくて「苦行の中に楽しさを見つける」ことが大事だと分かった

投稿日:

「楽しいことだけやる」

というのは甘えの言葉だと思っていたけど、最近になって自分なりの解釈が固まった。

「目的の為の苦行に、楽しさという光を見つける」というのが、今のところの僕の答えだ。

「やる必要があること」はだいたい苦行

だいたい「目的の為にやる必要があること」というのは、面倒でつまらない苦行だ。できればやりたくない。

  • 仕事
  • 受験勉強
  • 筋トレ

今の僕はこれらに時間を割いているわけだけど、どちらかというと「苦行」の割合が大きい。

それぞれ、頑張った先にある「結果」はたまらなく欲しいのだけど、その「過程」の頑張りはなかなかツラい。面倒だと感じる事もあるし、「ノルマ」という考え方でやっつけになる事もある。そうすると「質」が悪くなる。

「今楽しいこと・今好きなこと」がくだらないことだった

「楽しいこと・好きなことを仕事にしよう」

という言葉は甘えの言葉だと思っていた。

少なくとも僕にとっての「楽しいこと・好きなこと」は貧相なものだ。

YouTubeを見る、漫画を見る、テレビを見る、ゲームをする、寝る。

やればやるほど自堕落な自分に嫌悪感を覚える事ばかりだ。

もちろん適度にやればいいだろうけど、これだけをやりまくった先に何かがあるとは思えない。

例えば「漫画好きが高じて漫画評論家になりました」という道はあるだろうけど、それは「楽しい」に別方向の「苦行」を組み合わせたものであって、楽しいだけではない。アクロバティックな方向転換をしている。ほとんどの人は漫画を評論することではなくて、漫画をただ読む事が好きだ。

 

「楽しいこと・好きなことを仕事にしよう」

は僕にとって「今楽しいこと・今好きなこと・今できることを仕事にしよう」という言葉に聞こえたのだ。

僕の様に発想が貧困な人間の場合、ただ単に好きなことをやり続けたところで、仕事にはならない。結局、少なくとも僕の様な人間は、やはり何か「やりたくないけどやる必要があること」を頑張る必要があるのだ。

「楽しいこと」じゃなくて「目的の為にやるべきこと」をやる

僕にとって「今楽しいこと・今好きなこと」は貧相なものだ。

多分僕の場合、「楽しいこと・好きなこと」は「楽(ラク)」とイコールになっている様な気がする。受け身の発想がほとんどで、そこから何かが生まれることはない。

 

だから僕は、「楽しいこと・好きなことをやって仕事にする」という言葉に懐疑的だった。

そうではなくて、まず「自分はどうなりたいのか」という目的を持つ。そしてその目的を達成する為に必要な「やるべきこと」を考え、実行する。(これが普通の人がしている努力だと思う)

「地道な苦行」の中に楽しさを見つけること

「目的の為にやるべきこと」はだいたい苦痛だ。

「目的」のものが喉から手が出るほど欲しいとしても、その過程の「やるべきこと」は苦行。

地道で、日陰の作業。

少しずつしか進まないから、これが「目的」の為になっているかどうかも分からなくなる。

だから続かなくて、途中でやめてしまう・・・。

でも、そんな苦行も、続けているとパッと光が見える瞬間がある。

「楽しくなる瞬間」がある。

「ただの苦行」から生まれる結果は大したことがない

やるべきことを「ただの苦行」にしてしまうと、その時間は「早く過ぎ去って欲しい時間」になる。

そんな姿勢では、大した結果は生まれない。

惰性の様にノルマをこなす。そんな事を積み重ねても、出来上がったものは目も当てられない屑の様なものなんじゃないかと思う。

人生を「苦行の時間割」から解放する

「苦行」を「いつまでも苦行」と捉えてしまってはいけない。

自分の時間を「苦行」で埋め尽くすべきではない。

 

目的の為には苦行が必要だが、その苦行の中に自分なりの「楽しさ」を見つけること。

その事により、目的の為の過程に光が差す。

目的の為の過程を、どんよりとした苦行にしてはいけない。

苦行の中に楽しさを見つけることで、毎日が楽しくなるし、努力は長続きする。

 

「今楽しいこと」をやるのではなくて、

「目的の為の苦行」の中に楽しさを見つけよう。

「苦行」も続けていると、楽しさが見つかる瞬間が来る。

それが「成長する」ってことだと思う。

-考えごと

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.