筋トレで手首が痛いとき、リストラップは対処方法として有効です。

投稿日:

真面目に筋トレをする様になったら、とにかくケガが多くなりました。

手首、首、僧帽筋、肘、膝、などなどとにかく色々と痛めてます。満身創痍って感じなのですが筋トレは楽しいのでやめられません。

筋トレをしていて僕が最初に痛めたのは手首だったと思うのですが、今回は手首の痛みを予防する方法をご紹介します。

筋トレをして痛めた手首!原因はサイドレイズでした

僕が手首を痛めた原因はサイドレイズでした。サイドレイズは軽めの重量でやるのが一派的だと思うのですが、僕はよく分からなくて限界を超えた重量でぶん回していました。その時に手首にゴリゴリ変な負担をかけてしまったんでしょう・・・しばらくは手首が痛くて筋トレ出来なくなってしまいました(後述するリストラップを使えば良かったんですが、そういう知恵がありませんでした)。

痛めたらまず休養!痛めた部位に負担のかからない種目に変えましょう

手首に限らず、筋トレでどこかを痛めたら休養する事が大切です。もしくは、軽く痛めただけなら、痛くないくらいの軽い重量で筋トレする様にする、とかですね。とにかく以前と同じ様に筋トレしようとしたらいけません。

どこかを痛めたからと言って全く筋トレ出来ないわけじゃなくて、その部位に負担のかからない別の筋トレをすることは出来ます。僕は少し前に首を痛めてベンチプレスが出来なくなってしまったのですが、その時はハンマーストレングスを胸のメインにしていました。ハンマーストレングスだと首が痛くなかったんですよね。

ムリをするとケガをこじらせて余計に面倒な事になるので、絶対にムリは禁物。治ったあとも、「フォームが崩れるほどの重すぎる重量には挑戦しない」とかの工夫が必要ですね。これが、経験による成長です。笑

手首の痛みを予防するにはリストラップが有効です

手首の痛みを予防するにはリストラップが有効です。

リストラップというのは手首を硬くグルグル巻きにするバンドみたいなものなんですが、これを巻くことによって手首が固定されて、おかしな方向に負担がかかる事がありません。

このリストラップは「痛くなったらする」じゃなくて「常にする」のがポイントです。軽めのウォームアップのときはしなくてもいいですが、メインセットに入る頃にはしっかり巻きたいですね。安定感が全然違います。リストラップを巻かないと手首がブレるので、「ああ、これで手首を痛めていたんだな」と分かります。

オススメのリストラップはシーク製。長く使える良品です。

僕のオススメのリストラップはシークのリストラップです。

シークのリストラップを使う前はゴールドジムのリストラップを使っていたのですが、ゴールドジムのリストラップはバンドを止めるマジックテープの造りが甘くて、使っているうちにしっかり止まってくれずに外れる様になってきたんですよね。

それに比べてシークのリストラップはマジックテープがしっかりしていて、僕はもう1年くらい使っていますが、まだまだ現役です。値段もそんなに高くないので、ケガをする前に買っておく事をオススメします。

-筋トレ

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.