筋トレの強度と怪我について。ゆっくり進むのが結果的には一番の早道。

投稿日:

今日、筋トレをしていたら、デッドリフトをしたときに横っ腹あたりを痛めました。強く引っ張られた様な痛みで、どんどん痛みの強さが増していく感じ。

幸いそれが大事に至ることはなかったのですが、危ういラインだった気がします。ちなみにその時の重量は、僕の最大重量でした。ちょっと無理をしてしまったんですね。

 

僕は今、首の左も痛めています。多分ラットプルダウンで痛めたと思うのですが、これも最大重量に挑戦した時にやってしまったっぽいです。

これはもう10日以上前に痛めたもので、なかなか直らない。ラットプルダウン、ショルダープレス、ベンチプレスをするときに影響があるので、困っています。強いコリの様な症状もあるのでピップエレキバンを貼ったりしてますが、改善は見られず。

 

こうした怪我を繰り返すことで、最近になって思ったのは「早まってはいけない」ということ。焦って重たすぎる重量に挑戦してしまうと、それが怪我に繋がってしまう可能性が高いです。

 

ワンレップマックスに挑戦する様なやり方はもうやめた方がいいかも知れない、と思う様になりました。5回程度出来る重量で、そこから少しずつ重量を上げていく。

今は、ワンレップマックスに挑戦するのはかなり危ないなと感じています。無理をし過ぎたら怪我します。

ワンレップマックスを計算できるサイトで自分の最大重量を知って、それでニヤリとするくらいでいいかも知れません。

もう年なので、やり方は賢くする必要がありますね。この間36歳になりました。早い早い。

-筋トレ

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.