筋トレは1RMには挑戦せず2.5kgずつ刻むのが良さそうです。「大ざっぱでこらえ性のない筋トレ」はケガの元!

投稿日:

僕ももうおじさんなので、無理は禁物。そう思う様になりました。

1RMに挑戦するとケガをしやすい

僕は今まで1RMに挑戦する筋トレばかりしてきました。

1RMというのは「1回挙げるのが限界の重量」という事なのですが、毎回「自分がどれだけ挙げられるのか」という挑戦・・・と言えば聞こえがいいのですが、ある意味でそういう大ざっぱな筋トレをしてきました。

例えば「今日は50kg挙がったから次は60kg挙がるかな?」という感じ。このやり方をすると、追い込めないし、ケガをしやすくなるなと感じる様になりました。例えばベンチプレスで70kgに挑戦して、「あ~・・・ダメだ」となると、その時点で筋トレは終了というか、気分がしおしおと落ち込んでテンションが下がります。

1RMできるかできないかの重量で筋肉に効かせるなんて初心者には無理。今思えば、こらえ性のない筋トレだったなと思います。

筋トレは2.5kgずつ確実に刻む

最近の筋トレ(本当にここ数回で意識する様になった)は2.5kgずつ刻む事を意識しています。プレートを使ったトレーニングの場合、最小重量は1.25kgのプレートなので、それを両端にはめて2.5kgずつ刻みます。

プレートじゃない場合も最小の重量増にする

プレートじゃない場合も、とにかく一番少ない重量増にしていきます。

だいたい5~7レップ出来る様になったら、重量を上げます。そうして「確実に出来る重量」を上げていくことで、ケガを防ぎ、筋肉も成長させます。

1RM換算してほほえむ

これからは「1RMに挑戦する筋トレ」はやめにします。そういうこらえ性のない筋トレはもうやめて、地道に2.5kgずつ刻みます。たまーに1RMに挑戦することもあるでしょうが、それは「たまーに」ということで。

基本的には、「1RMに換算してほほえむ」程度になりそうです。ケガをしたら筋トレできなくなっちゃいますからね。以下のサイトでは1RMの計算がカンタンに出来るので、よく利用しています。

1RM換算できるサイト

-筋トレ

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.