1日1捨とは何か?読み方は?コツコツ断捨離を積み重ねる!

投稿日:2016年3月6日 更新日:

じんです!

最近「1日1捨」という言葉を知りました。最初知った時はピンと来なかったのですが、知れば知るほど「自分にピッタリ」と思う様になりました。

僕だけじゃなく、多くの人の「悩み」に合致する部分があるんじゃないでしょうか?

1日1捨とは何か?読み方は?

1日1捨とはその名の通り「1日に1つ捨てること」です。

不要なものを捨てる「断捨離」という言葉が以前に流行りましたが、「1日1つ捨てる事を積み重ねて断捨離をしよう」ということだと思います。

 

発案者は誰か?と言う事で調べてみたのですが、どうやら「あなたの1日は27時間になる(2015年発売)」という本を書いた木村聡子さんらしいです。

でも更に調べてみると2011年のブログで、1日1捨という言葉を使っている人を発見しました。

恐らく昔から普通にある言葉で、それに新しい意味を付与して最近広めたのが木村聡子さんということなのでしょうね。

ちなみに僕はこの本をまだ読んでおらず、「1日1捨」という言葉のイメージから色々解釈しています。あしからず・・・。

 

※この1日1捨は「いちにちいっしゃ」と読むみたいです。「いちにちいちすて」ではありません。

途方もなく見える断捨離に「1日1捨」の考え方は画期的かも

僕も断捨離はしたいと思っていました。ですが不要品が多すぎてどこから手をつけていいのか分からないんです。

そんな中出会ったこの「1日1捨」という言葉は画期的でした。

少しだけ捨てる。それを継続すれば、やがて「不要品を全部捨てる」という目的にも達する事が出来ます。

コツコツ、って重要です。

誰もが「いらないもの」に、まみれて生きている

たくさんのものにまみれていると頭の中が混乱します。

家はできるだけシンプルな方がいいと思っています(やり過ぎもダメ)。

物の多すぎる部屋を掃除する事は「難しいパズル」を解こうとすることでもあります。

2年以内に引っ越しをする予定なので、それまで気長に「1日1捨」をやってみようかな〜と思います。

でもまだ、先・・・。

-断捨離

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.