引っ越しを機に断捨離をしよう!不要品の処分は、お金の節約になる!

投稿日:

Unsplash / Pixabay

じんです!

2017年、念願だった引っ越しをする事が出来そうです。まだ物件を決めていないので確定でありませんが、審査さえ通してくれたら喜んで引っ越すつもりです。笑

僕の職業をざっくり広く言うと「個人事業主」みたいな感じなんですが(これは職種ではないか)、果たして審査を通るかどうかが、ちょっと不安だったりします。年収と家賃の割合?みたいなことで言えば、多分大丈夫だと思うんですが・・・。担当してくれる不動産屋さんがうまいこと味方をしてくれると助かります。

 

そんなこんなで引っ越しを考えているのですが、今急ピッチで進めているのが「不要品の処分」です。

不要品の処分をすると、その後の引っ越しの代金が安くなるなど、具体的なお金の節約にも繋がります。

普段なかなか捨てられずにいるものもあるのですが、この機会にドンドンと捨ててしまおう・・・と思いました。

引っ越し代金は荷物の量で大きく変わる

引っ越しをする際、料金を決めるポイントとなるのは「距離」と「荷物の量」です。この内「距離」はどうしようもない事もあるのですが、「荷物の量」に関しては努力次第で変わったりします。

荷物の量が多ければ、それに対応した大きなトラックを用意する必要がある為、当然引っ越し代金に反映されてきます。するとやはり、値引き交渉にも限界が出てくるのです。

僕の場合、考えてみれば「必要かどうかよく分からないもの」に囲まれて生活をしている事が分かりました。特に本や服は、もう捨てた方がいいなと思うものが多かったです。

 

いらないものを運ぶ為にお金が余分にかかるのはバカバカしい・・・。

次第にそう思ってきたので、今回の引っ越しを機会に不要品を片っ端から捨てる事にしました。ちょっと前に流行った言い方で言うと、断捨離ですね。

荷物が少なければ引っ越し先の選択肢も広がる

極端な話、荷物の量が少なければ今の家よりも狭い部屋でもいいわけです。僕は今の家で、1部屋を倉庫として使っています。

なので例えばその倉庫として使っている部屋のものを全て処分出来たら、次の引っ越し先は1部屋少ない家でも良い、ということになります。

僕はそれを狙って不要品の処分を続けていますが、さすがに1部屋少なくてOKなところまでは行かないかも知れません。

不要品は売却する事でお金に変わる

不要品の処分は「捨てる」事だけが全てではありません。オークションサイトなどを使う事でお金に換える事も出来ます。

僕はそういう事を「面倒くさい」と思うタイプだったのですが、不要品として家に眠っていたパソコンやカメラなどをオークションに出したところ、数十万円の収益となり驚きました。

儲けが100円程度の本を売る事に労力を使うのには腰が重いかも知れませんが、1000円を超える収益になる様なものは、捨てるだけでなく「売る」という選択肢を残しておいても良いと思います。

引っ越しは余裕のあるスケジュールで行おう

いざ引っ越す可能性が出てきた今思うのは、引っ越しには余裕のあるスケジュールが必要だと言う事です。

スケジュールに余裕がなければ、妥協の必要なところが色々と出てきます。

僕の前回の引っ越しはスケジュール的に全く余裕がなかったので、今考えると色々と無駄があったと思います。

次の引っ越しはうまいことできればな~と思っています。

-断捨離

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.