圧倒的にアナログ手帳に向かないヤツが併せ持つの3つの特徴

投稿日:2016年3月8日 更新日:

じんです!

今回は「圧倒的にアナログ手帳に向かないヤツが併せ持つ3つの特徴」についてご紹介します。

まあこれは要するに僕の事なんです。何度もチャレンジして、試行錯誤して、それでもアナログ手帳に挫折した僕の話です。でも多分、同じ様な経験をしている人も多いと思います。

僕は自分がアナログ手帳に向いていない理由を長年考えていたんですが、最近になってその理由が分かってきました。以下で説明してみようと思います。

圧倒的にアナログ手帳に向かないヤツが併せ持つ3つの特徴

  1. 几帳面である
  2. こだわりが強い
  3. 字が汚い

もう最初にザッと書いちゃいましたが、この3つを全て併せ持ってしまうと、もうアナログ手帳は絶望的です。僕はこれに当てはまります。

 

特に問題なのが③です。字が汚い事は全ての元凶になり得ます。

几帳面でこだわりが強いが、字が汚い事によって全部ぶち壊される・・・という事が起こってきます。(4番目として付け加えるなら「字を丁寧に書かない雑さ・せっかちさ」というのも入るかも知れません。)

 

僕は去年「ジブン手帳」といいう手帳を試しましたが、2ヶ月ほどで挫折しました。そして今ではGoogleスプレッドシートを活用し、自分なりの自己管理方法を見付ける事が出来ました(まだ発展途上ですが)。

僕が手帳を使う理由は自己管理の為ですが、その方法はアナログでもデジタルでもどっちでもいいと思います。ですがその「向き不向き」は絶対にあります。

僕はアナログが向いていませんでした。デジタルは僕の「几帳面でこだわりが強い(でもせっかちで雑)」ところをうまく受け止めてくれています。

 

僕は自分の字を見るのが嫌です。あまりに汚すぎて、書いている側から嫌になります。そんな人には絶対にデジタルをオススメします。持ち運びも楽だし、デメリットは特にありません(スマホだと大きなGoogleスプレッドシートはほぼ編集できないですが)。

 

実は最近またアナログの手帳を買ってみようかと思っていたのですが、部屋の奥にしまっていた去年のジブン手帳を取り出してきて、現実を知ってやめました。やっぱり僕には向いていません。そしてデジタルは向いていると思います。

またいつか「アナログ手帳買おうかな・・」と血迷う事がありそうですが、その時の為に、去年のジブン手帳は永久保存版にしておきます。僕には向いてなかったみたいです。

-自己管理

Copyright© じんせいウォーク , 2018 All Rights Reserved.